悪徳業者のイメージ

株式投資は様々な売買手法を駆使して利益を上げるものですが、どんな手法を使うにしても最終的に注文を出すのは投資家自身です。
投資家には様々な性格を持つ人がいて、冷静沈着な人や熱血漢な人など、性格によって株式投資が成功するか失敗するかが分かれるのです。

まず、積極的で勇猛果敢な性格をしている人は、意外にも株で成功することは難しいと言えます。
このような性格を持つ人は、目の前にチャンスがあればアグレッシブにポジションを取り、頻度が多い売買を行う傾向にあります。
しかし、株式投資で大切なことは銘柄をしっかりと選別して最良のタイミングで売買を行い利益を上げることであり、売買回数が多いことは成功の秘訣にはなり得ないのです。

学生時代に授業態度が良く、学業成績も優秀だった真面目な性格を持つ人は成功しやすい人です。
真面目な人は日々の学習を怠らず、書籍などで学んだ内容を実際の相場で活かすことができるためです。
また、取引を行うごとにその詳細を記録し、反省と復習を行うことも真面目な人ならではの特徴です。
一度の取引で莫大な利益を上げることはありませんが、コツコツと利益を積み上げることが出来る性格です。

逆に、怠け者といえる怠惰な性格をしている人は株式投資で失敗する可能性が高いと言えます。
株式投資は勘や運だけでは成功することはできず、取引を続けることで得られる経験や相場の分析力、そして投資戦略を組み立てる思考力が必要になります。
怠け者はこういった能力があったとしても実際に研究することを怠り、深く考えずに流れに任せた売買をしてしまいがちです。
そういったその場しのぎの売買はいずれ破綻し、取引口座から資金がなくなってしまうのです。