ボロ株投資の実態

スーツ姿の女性

ボロ株投資と呼ばれる手法が知られています。
この手法は正確には投資であるとは言えません。
価値の低くなった株式を短期間でやり取りすることによって差益を得ようとするマネーゲームのことを意味する場合が多いのです。

マネーゲームの舞台となる企業の株は既に非常に低い価値になっていることがほとんどであり、最終的には上場廃止となるような状況にあるケースがほとんどです。
それにもかかわらず潤沢な資金を使用して株価を釣り上げたり暴落させたりと言う操作を行うことで、主に個人投資家から利益を搾り取ろうとする活動のことを言う場合が多くなっています。

ボロ株投資と呼ばれるものは、仕組み的には投資ではありません。
仕手株とも言われており、まっとうな投資をしたいと考えている人にとっては手を出すべきではないものであるといえます。
基本的な手法としては価値のない株価を短期的に急速に高めることで購買意欲を刺激し、高値になったタイミングで決済をすることで利益をえようとする仕組みです。
この際に高値掴みを行ってしまった投資家が大きな損失を被ることになります。
企業の価値をしっかりと考えて投資をしない場合にこのような成長の見込みのない株式を購入してしまう場合があるのです。

このような投資は一種のギャンブルであり、大切な資金を費やして増やしていこうと考える人には不適切な選択肢であるといえます。
一見利益を上げられそうな雰囲気に見えるように調整するのが手口であり、損失から逃れるためには手を出さないことが重要なのです。
このようなマネーゲームに巻き込まれてしまう人は会社の業績を考慮して銘柄を選ぶのではなく、値動き目を奪われている可能性が高いと考えられます。
投資をするのであれば企業の業績などに注目をする姿勢を大切にしなければなりません。