育成用ジュニアNISAは限度額はあるが株投資に最適

2014年から少額投資非課税制度NISAが始まりました。
これは年間に120万円までという限度額が決まってはいますが、NISAの口座を開設してそこを経由して投資をすれば株式の配当金や売った時の譲渡益などが非課税にできるという制度です。
もしNISA制度を利用しないとしますと現在は20%の課税がされますから、かなりの違いがあります。
株を買うのはこの限度額の範囲内ですという人はぜひ利用するべきです。

なお実際は20%に復興特別所得税が加わります。
そしてNISAに加えて2016年に新しく始まったのがジュニアNISAです。
こちらは0歳から19歳を対象にしたものですから正式には未成年者少額投資非課税制度のことです。
こちらは口座を開設するのは未成年者の名前ですが実際は両親や祖父母などの親権者が運用を行ないます。

ジュニアNISAの方の目的は孫の教育資金など将来の資産を育成することにあります。
ですからこの口座で投資するのは20歳になった年まででそのあとは自動的に成人用のNISAに移行していきます。

二つの制度の大きな違いはNISAは一年ごとの限度額が120万円までなのに対しジュニアNISAの方は80万円までということです。
またジュニアNISAは18歳になるまで引出しをすることができません。
天災などが起こった場合は別ですが、それ以外で引き出した場合はそこまでの配当金や売却益に対してさかのぼって課税されることになります。
手続きとしましては、ジュニアNISAの場合は金融機関を変更することができません。

またNISAでは住民票などの書類を用意しますがジュニアNISAではその代わりにマイナンバーの情報で確認ができます。
ですから口座を開設する際には申込書とマイナンバー、それに本人や親権者の確認書類の三つでよいということになります。